SiteMap

自宅でデリヘルを楽しむときに気を付けること

赤い下着

デリヘルサービスならではの魅力のひとつに、コンパニオンの自宅派遣があります。赤の他人も同然の美女を、会話ゼロの状態でいきなり家に招くことのできるのはデリヘルだけです。風俗嬢を自分の彼女のように扱うことができます。ひとつめの注意事項は、家の中を隅々まで綺麗に掃除しておくことです。自分の彼女を初めて自宅に呼んだときのことを思い浮かべましょう。おそらく嫌われまいと、必死になって整理整頓清掃を行ったのではないでしょうか。
風俗嬢も商売ですから、多少汚くても嫌な顔はしないかもしれません。しかし、気持ちよく働くことはできないでしょう。間違いなくサービスの質は低下します。2度目3度目とリピートするときには断られてしまうかもしれません。同居人がいる時間帯に風俗嬢を呼ぶのは避けましょう。デリヘルサービスの中にも3Pや4Pはあります。それはあくまでコースやオプションで頼んだから行えるのです。
基本コースは通常、顧客と風俗嬢の1対1です。店の許可なく、第三者がプレイに参加してはいけません。風俗嬢が誤解するような行動は慎む必要があります。デリヘルは、自宅に来てくれた風俗嬢がタイプではなかったからといって簡単にはチェンジサービスを利用できません。自宅と風俗嬢の待機場所が近いならともかく、遠くから来ている人に対して帰れとは言いづらいでしょう。風俗嬢選びは十分時間をかけて行う必要があります。

Update Post